/

群馬銀、非接触ATMの実証実験 OKIと

群馬銀行はOKIと共同で非接触型ATMの実証実験を始めたと発表した。ATMにはOKI製のパネルや赤外線センサーを取り付けており、画面から数センチメートル離して指を動かせば画面に直接触れることなく操作できる。

23日から同行の藤岡支店(群馬県藤岡市)に1台導入している。実施期間は11月20日までを予定。同行は「ウィズコロナ時代のニューノーマルとして安心・安全をお客さまに提供したい」とコメントしている。

利用できる時間帯は平日午前9時から午後3時まで。一部の機能を除き、預金の預け入れ・引き出しや振り込みなどの操作ができる。同行の深井彰彦頭取は「使い勝手を見ながら導入について検討したい」と話している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン