/

NEC、六本木で混雑状況可視化の実証実験

NECは28日、六本木商店街振興組合と三井住友カード、ナビタイムジャパン(東京・港)と共同で、人の流れの情報や購買記録などを分析し、街の混雑状況を可視化する実証実験を始めると発表した。各社や行政が保有するデータを組み合わせ、東京・港区にある六本木商店街に設置した街路灯のデジタルサイネージなどに混雑状況を表示。新型コロナウイルスの感染拡大防止につなげてもらう。

東京都の「官民連携データプラットフォームデータ利活用実証プロジェクト」の一環として、実験を実施する。六本木商店街に設置しているNECの人工知能(AI)を活用した「スマート街路灯」で、歩行者の属性や人数、移動方向をリアルタイムで推定する。

三井住友カードの決済データを活用することで、商店街周辺で新型コロナの感染拡大前後に消費行動がどう変化したかを分析する。経路検索大手のナビタイムの電車混雑情報とも組み合わせ、より詳しい行動分析が可能になるという。

東京都が公開している新型コロナの情報や気象庁のデータなども合わせて、六本木商店街での時間帯ごとの傾向を把握。混雑回避に向けた仕組み作りにつなげる。

分析した混雑状況はスマート街路灯のデジタルサイネージや東京都のサイト上に表示する。歩行者らにリアルタイムで知らせ、混雑回避に向けた行動につなげてもらう。(水口二季)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン