/

この記事は会員限定です

通信品位法、なぜいま注目? 専門家2氏に聞く

[有料会員限定]

フェイスブックなど米IT(情報技術)大手3社のトップが10月28日、米議会上院の公聴会に出席し、フェイク(偽)ニュースの拡散防止策などについて議員らに証言する。焦点は、1996年に成立した「通信品位法230条」だ。なぜいま米国で注目を集めているのか、日本ではどんな議論なのか。識者2人に聞いた。

通信品位法230条は、SNSの運営企業は投稿内容について法的責任を原則問われない一方で、削除など投稿に手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン