/

マクニカ、工場スマート化の支援サービス

半導体商社のマクニカは、工場のスマート化を支援する「デジタル工場導入支援サービス」の提供を開始した。コンピューター上のデジタル空間に実際の工場のモデルを構築し、製造現場の課題把握や対策を短期間に決定できる。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)の活用に手間取る企業を支援する。

マクニカのサービスは独シーメンス社の「Plant Simulation」を活用した。必要なデータを用意すれば、最短2週間でコンピューター上に工場モデルを7~8割の精度で再現できる。このモデルをシミュレーションに活用すれば、工場の状態や大まかな傾向把握ができ、課題や不足データの洗い出しが可能になる。

生産現場の効率化や省人化のニーズは高まるものの、工場のスマート化のハードルは高い。課題の設定やデータの収集に手間取り、プロジェクトチームが製造現場や経営層との合意を得られないことが要因の一つという。マクニカは新サービスを活用し、こうした課題の解決を支援する。

製造業では、新型コロナウイルスの感染拡大による工場停止や生産計画の見直しなど、環境の変化にいかに対応するかが重要になっている。(佐藤雅哉)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン