/

この記事は会員限定です

ダウ1カ月ぶり安値 大統領選前に売り急ぎ

[有料会員限定]

27日の米国株式市場は閑散としていた。ダウ工業株30種平均は徐々に下げ幅を広げる展開となり、9月29日以来、約1カ月ぶりの安値で終えた。アップルなど大型ハイテク株の一角を除けば「買い手不在」が鮮明だった。1週間後に迫った米大統領選を前に、投資家は本番後の「混乱」に備えているようだ。

「買い方が息切れしたか、持ち高解消が急に起きた」。米インスティネットの株式トレーダー、フランク・カッペレリ氏は27日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン