「バイデンかトランプか」 大統領選、世界の企業が固唾

米大統領選
自動車・機械
環境エネ・素材
北米
2020/10/30 5:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志、シリコンバレー=奥平和行】11月に迫った米大統領選の行方を世界の企業が固唾をのんで見守っている。トランプ・バイデン両候補の政策は多くのテーマで両極にあり、選挙結果によって事業環境は一変する。政権交代か続投か――。エネルギーや自動車、IT・ネットなどの主要企業は産業構造の大転換に身構える。

■エネルギー、政権交代なら激震

政権交代なら地殻変動が避けられないのが、エネルギー業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]