/

LVMHとティファニー、買収交渉再開か 欧米メディア報道

【ウィーン=細川倫太郎】高級ブランド世界最大手、仏LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンと、米宝飾品大手ティファニーが買収交渉を再開したことが27日、分かった。当初より買収価格を引き下げることを協議しているもようだ。欧米メディアが報じた。

ティファニーは1株130ドル以上の買い取り価格であれば交渉に応じる姿勢を見せているもようだ(米ニューヨーク)=ロイター

AFP通信は関係者の話として、LVMHがティファニー株を1株130~133ドルで買い取る方向で協議していると伝えた。ティファニーは130ドル以上であれば交渉に応じる姿勢を見せているもようだ。26日には欧州連合(EU)の欧州委員会が買収を承認し、計画が再び前進する可能性が出てきた。

LVMHは2019年11月に1株135ドル、総額1兆7千億円で買収することで合意した。だが、新型コロナウイルスの感染拡大で、高級ブランド業界の経営環境は急速に悪化し、LVMHは9月に買収を撤回。ティファニーとLVMHは互いに提訴するなど、対立が激しくなっていた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン