/

この記事は会員限定です

デジタルの波 製紙どう生き残る?王子HD矢嶋会長に聞く

そこが知りたい

[有料会員限定]

製紙業界に空前の逆風が吹く。これまでの紙離れが新型コロナウイルスの影響で加速し、コピーやチラシで使う印刷・情報用紙の需要が急減している。2020年の国内の紙市場は前年と比べ約2割減る見通し。今後の需要回復も期待しにくい。合従連衡を繰り返してきた製紙各社の再編は一段と進むのか。最大手の王子ホールディングス(HD)の矢嶋進会長に聞いた。

再編不可欠

――コロナ禍を契機に多くの企業がデジタル化に取り組んでいます。

「テレワーク普及により...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン