その他スポーツ

ブラサカ協会、参天製薬と10年契約 視覚めぐる課題へ協力

Tokyoオリパラ
2020/10/28 3:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は参天製薬と10年間のパートナーシップ契約を結んだ。競技の普及や日本代表の強化にとどまらず、目に関わる製品やサービスの研究開発、視覚障がい者の雇用創出などで連携。ブラサカの社会的価値を高めるとともに、視覚に関する社会課題の解決に向けて協力する。日本のスポーツ界では、スポンサー企業と10年の長期契約を結ぶのは異例だ。

契約は2020年から30年まで。参天製薬は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

全日本選手権で8位にとどまった森ひかる。世界女王もブランクの影響で実力を発揮しきれなかった=共同

 コロナ禍による東京五輪延期と実戦のブランクは、代表内定選手の調整に大きく影を落としている。10月31日~11月1日に三重県四日市市で開催されたトランポリンの全日本選手権で、女子の森ひかる(21、金沢 …続き (2:00)

 国際スケート連盟(ISU)は27日、来年2月にドレスデンなどドイツの2都市で開催予定だったスピード・ショートトラックのワールドカップ(W杯)2大会が、新型コロナウイルスの影響で中止になったと発表した …続き (1:16)

 バスケットボール男子、Bリーグ1部の三遠は27日、サーディ・ラベナが新型コロナウイルスの検査で陽性だったと発表した。26日朝に体調不良の連絡がありPCR検査を受けた結果、27日に医療機関から報告があ …続き (1:14)

ハイライト・スポーツ

[PR]