/

この記事は会員限定です

日米豪、パラオに光ケーブル 対中国でインフラ支援

[有料会員限定]

政府は米国とオーストラリアと連携し、太平洋の島国パラオへの光海底ケーブル敷設を支援する方針を固めた。太平洋を横断してシンガポールと米国を結ぶ光ケーブルの支線として建設する計画。3カ国の政府系金融機関が資金を協調融資する。太平洋島しょ国で経済的な影響力を増す中国を念頭に、日米豪によるインフラ支援で主導権を強める狙いがある。

28日にベトナムで開かれる国際フォーラムで茂木敏充外相、ポンペオ米国務長官、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り360文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン