三菱地所など、丸の内で電動キックボード

2020/10/27 20:49
保存
共有
印刷
その他

三菱地所は27日、電動キックボード(キックスケーター)を公道で走らせる実証実験を東京・丸の内で始めた。小型電動モビリティーのシェアリングサービスを展開するLuup(ループ、東京・渋谷)などと連携。政府の特例制度を使い、車道のほか自転車専用通行帯(自転車レーン)で安全性などを検証する。2021年春までの期間限定で、三菱地所などは移動しやすい街づくりのため早期実用化を目指す。

公道を電動キックボードで走行する実証実験(27日、東京都千代田区)

政府認可による公道走行の実証実験は今回が日本で初めて。来年3月中旬までの間、ループは丸の内のほか西新宿や渋谷区、世田谷区の4エリアに計100台を設置。車の免許証を持つ人は登録し、空いている電動キックボードを自由に乗ってもらう。キックボードを置く場所も用意した。

時速20キロの電動キックボードは現在、道路交通規制で原動機付き自転車として扱われる。必要な設備を施せば車道は走れるなか、規制の特例措置を認める国の「新事業特例制度」を活用。従来の車道に加え、特別に自転車レーンも走行できるように認められた。

三菱地所やループは多くの自動車や自転車が行き交うなか、電動キックボードが走ることの問題点や利便性などを検証する。ループの岡井大輝社長は「多くの人に電動キックボードの便利さや危険性を知ってもらい、日本に必要かどうかを判断してほしい」と述べた。

三菱地所は大家と言われる丸の内エリアを対象に、環境に優しい快適な街づくり「スマートシティプロジェクト」を進めている。今回はその一環で、来街者に移動しやすい交通システムを提供し回遊性の向上を目指す。大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会の重松真理子氏は「電動キックボードを生かし、次世代移動サービス『MaaS(マース)』の発展や都市の魅力アップにつなげたい」と意気込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]