/

この記事は会員限定です

万博、宮田裕章氏 「データ共有 真の豊かさの礎に」

万博×コロナ×未来 プロデューサーに聞く(5)

[有料会員限定]

データサイエンスを駆使してヘルスケア・医療分野を中心に社会変革に挑む宮田裕章・慶応義塾大学教授(42)。2025年国際博覧会(大阪・関西万博)ではテーマ事業プロデューサーを務める。コロナ禍を経験した世界へ、「いのちを響き合わせる」というテーマで何を訴えるのか。データ駆動型社会の動向や将来の姿も含めて聞いた。

――コロナ禍もあって、世界が大きく変動しているのをどのように見られていますか。

「経済の指標と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2025年に開催される大阪・関西万博のニュースや特集をまとめました。参加国やパビリオン、地元の盛り上がりなど、最新情報を読めます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン