/

この記事は会員限定です

米大統領選まで1週間 割れるシナリオ、惑う投資家

[有料会員限定]

11月3日の米大統領選まで1週間を切った。世論調査では民主党のバイデン氏が現職のトランプ大統領を破り、上院でも青がシンボルカラーの民主が過半数を制する「ブルーウエーブ」が有力視され、金融市場では金利上昇とドル安が進んだ。ただ、足元ではトランプ氏の巻き返しや決着長期化の観測も浮上し、リスク回避に動く投資家も多い。

政治サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の集計した各調査の平均値によると、今週初めの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1273文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン