/

この記事は会員限定です

岐路に立つネット表現の自由 Facebookなど3首脳が証言

(更新) [有料会員限定]

インターネットの成長を支えてきた「表現の自由」が岐路に立っている。SNS(交流サイト)の投稿管理の体制が批判を浴び、米国で関連法規の改正機運が高まっているためだ。フェイスブックなど運営大手3社の首脳は28日に議会上院が開いた公聴会に出席し、証言した。関係者の意見は一様ではなく、議論が漂流すればネットの弱体化を招きかねない。

上院の商業科学運輸委員会による公聴会が米東部時間28日午前10時(日本時間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1271文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン