/

首相、対ロ交渉は路線堅持 鈴木氏と会談

菅義偉首相は27日、首相官邸で日本維新の会の鈴木宗男参院議員と会談した。首相は北方領土問題を含むロシアとの平和条約締結に向け、安倍政権の路線を堅持する考えを示した。「次世代に先送りせず自分の世代で解決する」とも述べた。鈴木氏が会談後、記者団に明らかにした。

首相は26日の所信表明演説で「ロシアとは首脳間の率直な意見交換も通じ、平和条約締結を含む日ロ関係全体の発展を目指す」と表明していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン