/

この記事は会員限定です

[社説]司法が米大統領を決めるのか

[有料会員限定]

米連邦最高裁の判事の構成が保守派6人、リベラル派3人となり、保守色が鮮明となった。これに乗じてトランプ大統領は11月の大統領選の決着を司法の場に持ち込む構えをみせている。民主国家の指導者がそんな奇策で決まってよいのか。超大国が大混乱に陥らないかが心配である。

米上院は26日、亡くなったリベラル派判事の後任としてトランプ氏が指名した保守派のエイミー・バレット氏(48)の就任を賛成多数で承認した。最高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り579文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン