/

この記事は会員限定です

コロナ「反攻出店」に買い 外食・小売り、進む優勝劣敗

証券部 大西康平

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大という逆風が吹く外食や小売銘柄で、「生き残り組」への投資が膨らんでいる。外食ではコロナの影響が少ない家族客をターゲットにしている企業、小売りでは郊外に店舗の多い企業が買いを集めている。共通するのはコロナ禍にもかかわらず「攻め」の出店を加速していること。逆張りの成長戦略に着目したマネーが流れ込む。

マニュライフ・インベストメント・マネジメントは9月、コロナによる生活や経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1059文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン