/

神奈川県、DX推進へ専門部署 LINE執行役員が統括

神奈川県は11月1日付でデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に向けた専門部署を設置する。行政サービスのデジタル化や人工知能(AI)などを活用した効率化を推進する。デジタル化による利便性向上を目指しつつ、社会的課題の解決などを目指す体制も強化する。

黒岩知事は行政サービスのデジタル化などを進める方針を強調した(27日、神奈川県庁)

総勢70人規模の「デジタル戦略本部室」を設ける。黒岩祐治知事をトップとする「デジタル戦略本部」のもと、全庁的にDXを推進するため各局に責任者を置く。

8月から県の最高情報責任者(CIO)とデジタル部門の責任者(CDO)を務めるLINEの江口清貴執行役員がデジタル関連政策を統括する。戦略本部室はAIを用いた防災体制づくりや県民向けの行政手続きのオンライン化などに取り組む。

一方、生活者目線で不便や不安などをデジタル技術を使いながら解消するための担当職員も政策局に増員する。黒岩知事は「デジタルはあくまでも命輝くための手段。県民の生活を支えるものだ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン