/

この記事は会員限定です

なぜIPv6のネットが速いのか 「IPoE」のナゾ

IPv6最新事情(下)

[有料会員限定]
日経NETWORK

インターネットの通信速度は主にレイヤー1(物理層)やレイヤー2(データリンク層)で決まる。普通に考えるとレイヤー3(ネットワーク層)のプロトコル(手順)であるIPの違いは通信速度に影響しなさそうだ。ところが、実際には次世代規格IPv6を使ったほうが、従来のIPv4より速くなるケースがある。これは、国内の光回線を使ったインターネットの接続方式に特有の事情に起因している。

NGNとISPの境にボトルネック

現在のインターネット接続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン