/

PwCコンサル、企業の仮想発電所参入を支援

PwCコンサルティングは27日、各地で分散する発電所や蓄電池を束ねて運用する「仮想発電所(VPP)」事業への参入を支援する事業を始めたと発表した。太陽光発電所などを持つ企業などを対象に、VPPの目的や収益性などの情報を提供していく。

仮想発電所(VPP)は各地の太陽光などを一括制御する仕組みだ

VPPは複数の電力設備をネットワークを通じて一括で制御し、あたかも1つの大型発電所のように電力を生み出していくのが特長。東京電力ホールディングスディー・エヌ・エーなどが本格的な事業化を目指している。ただ、異業種の企業の場合、電力の需給調整などが技術的に難しく、参入のハードルが高い。

PwCはVPPへの参入を目指す企業に対し、海外事例の紹介や事業化に向けた市場分析などを実施。VPPの構築で使用する通信機器のセキュリティー整備なども進める。サービスの提供額は提供する情報によって変動する。VPPは2021年度から本格的な事業化が始まる見込みで、支援サービスの需要も高まることが予想される。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン