/

この記事は会員限定です

IPv4とIPv6、ネットのセキュリティーが違う?

IPv6最新事情(中)

[有料会員限定]
日経NETWORK

実は着々と普及しているインターネットで使う通信プロトコル(手順)の次世代規格IPv6は、従来のIPv4で明らかになった課題を解決するために開発された。IPv4とIPv6の主な違いを解説する。

膨大なアドレス数

IPv6とIPv4の最大の違いは、インターネット上の住所にあたるアドレスの長さだ。もともとIPv6はIPv4アドレスが枯渇するという懸念から開発された。

IPv4アドレスの長さは32ビットなので、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1984文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン