/

この記事は会員限定です

新興勢が台頭、民間も拡大 宇宙ビジネス業界早わかり

日経業界地図2021年版(13)

[有料会員限定]

12月に地球に帰還予定の小惑星探査機「はやぶさ2」に注目が集まるのに伴い、宇宙ビジネスにも関心が高まる。テスラ創業者、イーロン・マスク氏率いる米スペースXなどの新興勢力が台頭し価格破壊を起こしている。担い手も官から民にシフトしつつある。

基礎知識■

1950年代以降、米ソの冷戦構造の下、宇宙ビジネスは軍事情報収集といった官公需から始まった。その後、欧州主要国が出資するアリアンスペースが通信・放送用の人工衛星な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り530文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

就活

新型コロナウイルス感染拡大がやまない中でも就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン