/

この記事は会員限定です

東海カーボン、100年の呪縛と決別 カギは車の軽量化

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

東海カーボンが事業の多角化を急いでいる。同社の主力は製鉄所の電炉で鉄くずを溶かす黒鉛電極。その市況に翻弄される経営からの脱却を図る。2016年に経営危機に陥った同社は、第2の柱としてタイヤ材料のカーボンブラックを強化。そして、第3の柱に定めたのがアルミ精錬用の部材だ。黒鉛電極の市況に左右されない強い会社へと、収益構造の変革に挑む。

「今、ここで買収しないと海外勢に取られる。やめるわけにはいかない」。長坂一社長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4584文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン