山形をAI先進地に 企業が高校生に教育、人口対策も

東北
2020/11/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山形県を人工知能(AI)の先進地にする地元企業有志の取り組みが始まった。複数の高校を横断する「やまがたAI部」を発足、運動部の活動にAIを活用するといった実践的な教育だ。企業も自社の経営にAIを取り入れ、育てた人材に活躍してもらうなど一石二鳥、三鳥を狙う。

10月24日、山形県天童市で開かれたサッカーJ2「モンテディオ山形」の試合前、チーム担当者が高校生にスポーツアナリストの仕事を説明していた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]