/

この記事は会員限定です

山形をAI先進地に 企業が高校生に教育、人口対策も

[有料会員限定]

山形県を人工知能(AI)の先進地にする地元企業有志の取り組みが始まった。複数の高校を横断する「やまがたAI部」を発足、運動部の活動にAIを活用するといった実践的な教育だ。企業も自社の経営にAIを取り入れ、育てた人材に活躍してもらうなど一石二鳥、三鳥を狙う。

10月24日、山形県天童市で開かれたサッカーJ2「モンテディオ山形」の試合前、チーム担当者が高校生にスポーツアナリストの仕事を説明していた。デ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン