/

サムスンの華為向けパネル、米供給許可 半導体は未承認

【ソウル=細川幸太郎】サムスン電子は27日、有機ELパネルについて、中国華為技術(ファーウェイ)への供給承認を米当局から得たと明らかにした。パネルを駆動させる半導体は承認を得られていない。従来通りの製品としては供給はできないため、取引再開は見通せないでいる。

サムスンはパネルの供給承認は得たものの取引再開には時間がかかる(韓国内の有機ELパネル工場)

有機ELパネルは、微細な画素を敷き詰めたパネル部品と、これに信号を送って映像を表示する「コントローラーIC」と呼ぶ半導体を組み合わせる。米当局から承認を得たのはパネル部分のみで、半導体は許可を得られていないという。

ファーウェイはCPU(中央演算処理装置)やメモリーなどの調達も厳しく制限されており、仮に駆動用半導体付きのパネルモジュールを調達できたとしてもスマートフォンの完成品は作れない状態が続く。

米政府が9月15日にファーウェイとの取引を制限して以降、サムスンは主力の半導体メモリーや有機ELパネルの供給を控えてきた。米当局が取引許可を与えた企業では、米インテルや米アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)などが明らかになっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン