/

この記事は会員限定です

カラダノート佐藤代表「新たに自社サービスの展開」

[有料会員限定]

子育て向け健康管理アプリなどを運営するカラダノートが27日、東証マザーズに上場した。初日は買い気配のまま取引が成立せず、気配値は公募・売り出し価格(公開価格、450円)の2.3倍となる1035円まで上がった。アプリの利用者に提携企業のサービスを紹介する広告収入が収益の柱だ。同日に記者会見した佐藤竜也代表は「自社サービスの提供も検討している」と語った。主なやりとりは次の通り。

――現在の収益事業と課題を教えてく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り677文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン