/

この記事は会員限定です

AI搭載など高付加価値シフト 白物家電業界早わかり

日経業界地図2021年版(12)

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響による店舗の休業や2019年10月の消費増税の反動減などで、ルームエアコンや洗濯機など大型家電の販売には影響が出ている。人工知能(AI)技術を搭載した家電や、スマホや音声で操作するIoT技術を駆使したサービスは増えている。

基礎知識■

生活必需品である白物家電は堅調な買い替え需要に支えられて市場規模の大きな変動は起こりにくい。2016年に台湾の鴻海精密工業がシャープを買収し、さらに東芝が白物家電事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

就活

新型コロナウイルス感染拡大がやまない中でも就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン