/

電話詐欺は「だメェ~」 ヤギのポニョ、大使に任命

電話詐欺の撲滅を呼び掛ける千葉県警の大使に任命された子ヤギの「ポニョ」(26日午後、千葉県佐倉市)=共同

千葉県佐倉市で京成線線路沿いの急斜面に迷い込み、その後観光施設に保護された子ヤギの「ポニョ」が26日、電話詐欺の撲滅を呼び掛ける県警の大使に任命された。署員や子どもたちが見守る中、「うメェ~話は詐欺」といった標語が施された布製のマントや、キャベツで作られた委嘱状がポニョに贈られた。

子ヤギは2月生まれの雌で、除草目的で購入した飼い主から5月に脱走。高さ約20メートルの崖のような斜面で生活する姿からスタジオジブリの作品にちなんでポニョと名付けられた。捕獲後、飼い主から市に譲渡された。

委嘱状の交付式は、現在暮らす「佐倉草ぶえの丘」の広場で開かれ、県警の音楽隊が演奏するアニメの楽曲に合わせてポニョが元気に登場。「大使にします」と文字が入ったキャベツをうれしそうにほおばった。

佐倉署の山口雄一郎署長は「語呂が似ている詐欺とヤギを掛けた啓発活動をしようと、若手署員が発案した。ポニョの人気を生かし、子どもから大人まで防犯意識向上につなげたい」と語った。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン