/

この記事は会員限定です

没後50年、作家・三島由紀夫は何に命を懸けたのか

「三島由紀夫50年後の問い」まとめ読み

[有料会員限定]

今年は作家・三島由紀夫の没後50年に当たります。「潮騒」や「金閣寺」など数々の作品で日本文学史にその名を刻んだ若き文豪は、クーデターを呼びかける演説の末に割腹自殺を遂げるという衝撃的な事件を起こし、社会を揺るがしました。不世出の作家が残したメッセージは、令和の時代を生きる私たちに何を問うのでしょうか。三島に深く心を寄せる表現者や有識者に聞きました。

■三島は数多くの戯曲を残した劇作家でもありまし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン