/

この記事は会員限定です

ZOZO、100万件のデータ活用でユーザー体験を改革

[有料会員限定]
日経クロストレンド

ユーザーの行為や状態のデータを収集し、それをUX(ユーザー体験)の改善に生かす――。アフターデジタル時代に生き残るため、こうした努力を重ねている企業の一つが、アパレル電子商取引(EC)大手「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZOだ。同社が最近、力を入れているのが、2019年秋冬商戦の商品を対象に19年8月に始めた「MSP(マルチサイズプラットフォーム)事業」だ。

従来のアパレルECの弱点の1つは、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2475文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン