/

この記事は会員限定です

ジーンケアなど、がん転移の「腹膜播種」治療薬開発へ

[有料会員限定]

創薬スタートアップ企業のジーンケア研究所(神奈川県鎌倉市)は新薬開発のソレイジア・ファーマと、大腸がんなどが転移してできる腹膜播種(はしゅ)の治療薬の開発に乗り出す。おなかの中に直接投与してがん細胞の細胞死を促す治療効果が期待される。

ジーンケアなどが開発をめざすのは、DNAやRNA(リボ核酸)の働きを利用する核酸医薬品。近く治験薬の製造を始め、早ければ数年後に臨床試験(治験)に入る。

治験薬は特殊な加工をしたリボ核...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り355文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン