/

QR決済のクラウドペイ、「au PAY」対応へ

1つのQRコードで複数の決済方法が使える

デジタルガレージは10月末からQRコード決済を統一するシステム「クラウドペイ」で、スマートフォン決済「au PAY」を利用できるようにする。複数の決済サービスを一括管理することで、消費者の利便性を高めるとともに、導入する小売店の管理業務の効率化を目指す。

クラウドペイは消費者が決済アプリを起動し、店舗に設置されたQRコードを読み取ると、決済業者を自動的に判別して支払いを完了するシステム。既にNTTドコモの「d払い」やLINEの「LINE Pay」などが利用できる。このほどKDDIの「au PAY」と中国の「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」に対応するようにした。

クラウドペイを使えば、加盟店はそれぞれの決済業者と契約したり決済端末を用意したりする必要がなくなる。手数料は決済方法によらず一律3.24%。スマートフォン決済の普及が進む中、加盟店と利用者双方の利便性を高める。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン