/

この記事は会員限定です

文化功労者の三枝成彰さん 「喜ばれる」オペラに軸足

[有料会員限定]

「ずっとオペラを書いてきたことが評価されたのかな」。代表作であるオペラ「忠臣蔵」など、美しい旋律とハーモニーを持つ音楽を作り続けてきた。作曲界の本流である現代音楽とは一線を画す。「傍流の私を選んでもらえると思っていなかった」と素直に喜ぶ。

若い頃は前衛的な音楽に傾倒したが「人が喜ぶもの」を作りたいと、多くの聴衆を引きつけるオペラに軸を移した。プッチーニ作曲「蝶々夫人」が下敷きの「Jr.バタフライ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り263文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン