米新築住宅販売、9月は3.5%減 5カ月ぶりマイナス

2020/10/27 0:28
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が26日発表した9月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)は、95万9000戸で下方修正された前月(99万4000戸)から3.5%低下した。5カ月ぶりの減少で、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(102万戸程度)を下回った。前年同月比では32.1%増加した。

米新築一戸建て住宅販売件数は9月、5カ月ぶりに減少した(売却済みの新築住宅、米カリフォルニア州)=ロイター

販売価格(中央値)は32万6800ドル(約3430万円)で、前年同月比3.5%上昇した。

住宅市場は、低い住宅ローン金利とコロナ危機による在宅勤務の増加で郊外の一戸建て住宅への移住需要が増え、活況が続いていた。CIBCキャピタル・マーケッツのエコノミストは、販売件数はやや減少したもののコロナ危機前の水準を依然大きく上回っているとして、力強い住宅販売は当面続くとの見方を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]