/

この記事は会員限定です

排出ゼロ、日本企業転換迫られる EV・燃料電池車遅れ

[有料会員限定]

「温暖化ガス2050年ゼロ目標」は国内の産業界に変革を迫る。かつてはハイブリッド車(HV)など環境技術で先行した日本勢だが、再生エネルギー普及などで出遅れている。産官学の総力戦で挑まなければ、次世代環境技術での巻き返しは見込めない。

「電動化へのシフトをやれるだけやらなければならない」。26日の菅義偉首相の所信表明演説を受けて、ある国内自動車メーカーの幹部は環境車に一段と注力する必要性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン