/

この記事は会員限定です

欠かせぬ海外勢との勝負 選手が渡航できる環境を

プロランナー 川内優輝

[有料会員限定]

海外に渡航した日本選手の帰国について、原則14日間の待機措置が緩和された。競技団体が指定した宿泊先または自宅と練習場所の往復に限って外出を認めて練習できるという内容で、今後アスリートの往来が増えるかもしれない。今回は東京五輪・パラリンピックに向けた対応と受け取られているが、国際大会で活躍したい選手はオリパラの強化指定選手だけではないので、例えば大会からの招待状をもって対象に加えるような、柔軟な対応...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り893文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン