/

「温暖化ガス排出ゼロ」カギ握るのは?

2020年10月27日の日本経済新聞朝刊1面に「成長へ技術革新 号砲」という記事がありました。菅義偉首相は26日の所信表明演説で、温暖化ガスの排出量を2050年までに実質ゼロにする目標を示しました。実現のためには何が必要なのでしょうか?

ここが気になる

カギを握るのは再生可能エネルギーと蓄電池の技術革新です。再生エネの中でも太陽光発電の進化は欠かせず、今以上に発電効率が高い太陽電池の実現が期待されます。再生エネを使いこなせていないのは、気象条件によって発電量が変動し、停電などのトラブルを恐れるためです。大容量の蓄電池を開発すれば、余った電気を蓄え、必要なときに使う仕組みが整います。

温暖化ガス「実質ゼロ」に向けた計画では中国と欧州連合(EU)が先行しています。日本が環境技術の覇権争いに乗り遅れ、対策コストだけがかさむ事態になった場合、50年の経済損失は年7.3兆円に上るとの専門家の試算もあります。

日本が環境先進国として復権するのは簡単ではありません。しかし脱炭素をめざす社会では、たった一つの技術革新でこれまでの「勝ち組」と「負け組」が入れ替わるといわれます。経済成長につながる日本発の技術革新を起こすためにも、研究支援や教育に力を入れる必要がありそうです。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。もっと詳しく知りたい人は10月27日の朝刊1面を読んでみてください。
この記事をまとめた人:黒田麻友
2018年入社。1面などの見出し付け・レイアウトを担当。最近TKG+SKN(卵かけごはん+塩昆布とかつお節とネギ)にはまっているが、そろそろお茶わんに収まらなくなってきた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースを分かりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン