/

この記事は会員限定です

米有力運用会社CEOに聞く 世界経済の不安材料は

[有料会員限定]

米大統領選の行方を巡り株式市場は神経質な動きが続く。欧州では新型コロナウイルスの感染が再拡大に転じつつある。不透明な市場と世界経済の先行きについて、米有力運用会社PGIMのデイビッド・ハント社長兼最高経営責任者(CEO)に聞いた。

――市場の視点では米大統領選はどのようなものに映りますか。

「非常に特異なものだ。従来、投資家の関心は減税に向けられ、共和党を支持する傾向が強かった。しかし、今年の焦点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1020文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン