/

この記事は会員限定です

コロナ禍で活用広がる人事AI、社員が納得する秘訣とは

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

人事評価に人工知能(AI)を使う動きが急速に広がってきた。新型コロナウイルスで在宅勤務が増え、成果の公正な評価が難しくなっていることが背景にある。さらに仕事を明確に定義する「ジョブ型雇用」はAI評価と相性が良く、この点でも普及が見込める。それでも「AIに評価を決められるのは不満だ」との声もあり、各社は運用に工夫をこらす。

「曖昧な目標設定が、そもそも評価に適さない」

「日本企業の抽象的で曖昧な目標設定が、そもそも人事評価に適していない。ここを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1947文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン