/

この記事は会員限定です

パナソニック、冷蔵ロッカー参入 非対面で受け取り

[有料会員限定]

パナソニックは2020年中に、マンションや小売店で生鮮食品などを一時保管する冷蔵ロッカー事業に参入する。マンションでも使える小型タイプを開発し、市場開拓を進める。新型コロナウイルス下で普及する宅配や食品のテークアウト用の設備として売りこみ、23年度に年1000台の販売を目指す。

開発したロッカーはボックス内をセ氏マイナス18度に冷やす冷凍機能と、1~5度に保冷する冷蔵機能を備える。価格は数百万円を想定している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り353文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン