/

この記事は会員限定です

Googleは「民主的」なのか 社会とズレない自己革新を

本社コメンテーター 村山恵一

[有料会員限定]

インターネット検索に動画の共有、人工知能(AI)。22年前の設立以来、米グーグルは先進的な製品、サービスを次々と社会に送り込んできた。テクノロジーを民主化したのは間違いない。

そんな会社を反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで米司法省が訴えた。検索と広告の競争を妨げ、プライバシーやデータの保護にも問題ありとみる。自由市場や公正な情報の入手、人権などいずれも民主的な社会の構築にかかわる事柄だ。

    【関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1927文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

村山 恵一

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン