/

この記事は会員限定です

アイリスオーヤマ 消費者目線で製品をほぼ内製

大山健太郎「いかなる時代環境でも利益を出す仕組み」(3)

[有料会員限定]

前回(「アイリスはなぜメーカーベンダーに転じたか」参照)、アイリスオーヤマをメーカーベンダーに転換させたことについて説明しました。次にメーカーとして製造や物流の機能をどう強化してきたかをお話しします。

消費者の利用シーンに合った素材展開

プラスチック製品を主に手がけていたアイリスがプラスチック加工以外の技術をどのように身につけていったのか。外部企業と提携し、製品を融通してもらう選択肢もあるでしょう。あるいは下請けに発注する方法もあり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3712文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン