/

この記事は会員限定です

群馬産キャベツ通年で JAが秋冬栽培推進、業務用に

北関東フォーカス

[有料会員限定]

群馬県でキャベツの通年供給を模索する動きが加速している。夏場は高原地帯の嬬恋村で日本一の出荷量を誇るが、冬場の生産はほぼなかった。秋から翌春にかけ、標高が低く比較的温暖な地域で生産を拡大。JAグループが農家から安定価格で買い取り、需要が拡大する業務用に販売する。

JAグループのJA全農ぐんま(前橋市)によると、2020年11月から21年5月までに同団体が手掛けるキャベツの作付面積は143ヘクタール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン