ナカニシ、コロナ禍で際立つオーナー経営の強み

栃木
2020/10/26 18:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

歯科治療器具製造のナカニシの中西英一社長は就任20年をコロナ禍まっただ中で迎えた。主力市場の欧米がロックダウン(都市封鎖)という非常事態に陥るなか、販売拠点には営業継続を指示。封鎖解除後のシェア獲得につなげた。創業家3代目の中西社長は「オーナー経営だからこそ、苦境時もリスクをとった経営判断ができる」と話す。

ナカニシは歯科医が患者の歯を削るのに使う「ハンドピース」の製造販売が主力の医療機器メーカ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]