/

この記事は会員限定です

ナカニシ、コロナ禍で際立つオーナー経営の強み

[有料会員限定]

歯科治療器具製造のナカニシの中西英一社長は就任20年をコロナ禍まっただ中で迎えた。主力市場の欧米がロックダウン(都市封鎖)という非常事態に陥るなか、販売拠点には営業継続を指示。封鎖解除後のシェア獲得につなげた。創業家3代目の中西社長は「オーナー経営だからこそ、苦境時もリスクをとった経営判断ができる」と話す。

ナカニシは歯科医が患者の歯を削るのに使う「ハンドピース」の製造販売が主力の医療機器メーカーだ。中西...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り885文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン