/

この記事は会員限定です

[社説]50年脱炭素化は困難でも攻めの発想で

[有料会員限定]

菅義偉首相は2050年に日本の温暖化ガス排出を実質ゼロにする目標を掲げた。大切なのは達成へ向けての具体的な行動だ。容易ではないが、官民ともに脱炭素化を単なるコスト負担と考えず攻めの機会ととらえ、産業構造や社会構造の転換を急ぐべきだ。

温暖化が引き金とみられる豪雨や熱波が頻発し、世界的に危機感が高まっている。20年以降の温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の下で、欧州連合(EU)を中心に削減加速の動き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン