/

この記事は会員限定です

中国、中南米にワクチン供給 ブラジル大統領候補に接近

(更新) [有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之】新型コロナウイルスがまん延する中南米諸国に向けて、中国が自国のワクチンの売り込みを強めている。米国との覇権争いをにらむ中国は、「ワクチン外交」で地域への影響力の拡大を狙う。

ブラジルのサンパウロ州のドリア知事は26日、中国の製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)のワクチンが来週にも同州に到着すると明かした。なお臨床試験(治験)の最終段階の最中だが、ドリア氏は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り653文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン