/

この記事は会員限定です

花王、海外勢に劣る稼ぐ力 脱自前・たこつぼ化に活路

[有料会員限定]

花王が長年の課題とされてきた自前主義や、開発で他部署と連携が不足する「たこつぼ」化からの脱却を図っている。国内の日用品最大手で研究開発力は高いが、近年は高収益の新商品や新事業が育っていない。米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)など海外大手と比べ稼ぐ力が劣る一因ともされ、花王の本気度に注目が集まる。

2019年12月に発売した美容機器「バイオミメシスヴェール」。肌に繊維を吹き付けることで極薄の「人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン