/

日本KFC、富山県のこども食堂にチキン提供

チキンを使ったこども食堂のメニュー

日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)は26日、調理済みチキンを地域住民に食事を提供する富山県内の「こども食堂」へ寄贈すると発表した。富山県社会福祉協議会を通じて提供し、フードロスの削減にもつなげる。同社は横浜市や川崎市で同様の取り組みをすでにしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン