/

北海道銀行と北央信用組合、ATMで相互預け入れ可能

北央信用組合(札幌市)と北海道銀行は26日、ATMの相互利用を始めた。北海道の信組では初めて他の金融機関のATMで預け入れをできるようにした。平日の日中は手数料なしで資金を引き出せるようにもなり、顧客の利便性を拡充する。

ATMの相互利用を始めた(札幌市内の北海道銀のATMコーナー)

北海道銀の701台、北央信組の34台のATMが対象。北央信組の顧客は午前8時~午後9時に道銀のATMで無料で預け入れできる。道銀の顧客は午前8時半~午後5時。

道銀の顧客は北央信組のATMで平日の日中の引き出しにかかる手数料(110円)が不要になった。これまでは北央信組の顧客が道銀のATMで資金を引き出す場合のみ無料だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン